Une oreille et une chanson.
mimimimilk.exblog.jp
ブログトップ
おかえりよ。


きょうは ほんとう 出演できてよかった -


りんごやさん ありがとう


思春期 の ような ひ って あるでしょう

なんでも かんでも 鋭く 感じ取ってしまう ひ


まさに その ひ でした


目の おくに 水分 を おおく かんじながら


どうしよう っと なんども こころが さわいでいました


けれども ステージ に たったときには

そんなおもいは なんにも もちこんで いなかった 




不思議な 魚 でした



きょうは 須藤さん  が 

笠間市 に お住まい(sovasovaの ちかく) と うかがい


びっくり !




はじまるまえ の 楽屋では 山田さん と


音楽の お話 から  生物 が 目 を もった ときの 話し を しました



山田庵巳さん ほんとう 素晴らしい 方 でした


演奏 や 姿勢  女性のような たたずまい

なにより
意識の 高いステージでした


きょうは 彼に 会えたことが わたしにとって 大きな 意味が ありました



なんだろう


ものすごく 勘が するどくて  着眼点 が すばらしいの


たくさん はなしました


はなしたりないくらい



でも  そういうひと だからこそ

おおきな 悲しみ を 抱えた ひと じゃないかな と おもいました



きっと いままでも 彼に 救われたひと は たくさん いるのと おもいます 



わたしの 演奏どうでしたか の 問いに 

答えてくれた 彼の 言葉 


“ 完璧でしたよ ”


わたし は 帰りの 電車で おもいだし

ぽろぽろ と 泣いていました



嬉しい の より も


半分 絶望 の 悲しい涙でした





きょう が あって ほんとう よかった
[PR]
by soranomimi2 | 2010-07-22 01:05 | ♪live ←